防犯カメラは設置場所と他のグッズ利用で効果倍増

家のセキュリティを強化するには、防犯カメラの設置と同時に他の防犯グッズを使用するのがおすすめです。また、防犯効果を高めるため、カメラの設置場所も注意深く選びましょう。カメラの設置場所は、不審者が入りそうな場所が最も適しています。家と家の隙間など、身を隠せる場所も設置場所には適しています。プライバシー問題など、カメラの設置で隣家とトラブルを起こすのが心配なら、目立たないタイプを選ぶと良いでしょう。不審者が来そうなエリアにカメラを設置したら、カメラの周辺に防犯ジャリを敷くのもおすすめです。防犯ジャリは通常の庭用ジャリに比べると、足音が周囲に聞こえやすいという特徴があります。特に侵入者が入りやすい場所に、重点的に敷いておくと良いでしょう。カメラとジャリをセットで使うことで、防犯効果はより期待出来ます。

防犯カメラは見えるよう設置か隠して設置か

テレビのドッキリなどではドッキリで引っ掛ける人を隠しカメラなどで撮影します。そうすることで後でより驚かせることができます。街中にもいろいろなカメラがありますが、非常に目立つところにあるタイプもあれば、よく見ないと気づかないところに設置されているようなものもあります。もちろんそれぞれ見えるように、隠すように設置されていることが多いです。どのように設置するかは重要なポイントです。防犯カメラを自宅に設置するときは見えるようにするか、隠すようにするかですが、基本的には見えるようにします。そうしないと抑止力が得られません。見られているからここは入れないと考えさせる必要があります。そのために役立てることができます。隠して設置してもあまり意味もありませんし、そのために高級なカメラを購入するのももったいないです。目立つタイプのものを使います。

ダミーの防犯カメラを本物に見せるには

防犯カメラには、実は本物とダミーの2種類があります。ダミーはその名の通り、実際はカメラを設置しているかのように見せかけて、実は録画をしていないという、単に泥棒除けとして自宅に設置している人も多いのですが、普通に安いダミーカメラを購入しても、簡単に泥棒に見破られてしまうというデメリットがあります。そこで、ランプが点滅をするダミーカメラを自宅に設置する事で、より本物らしさを追及する事が出来るのですが、設置をする際に気を付けなくてはいけないことがあります。それは、実際の防犯カメラは、ランプが点滅するものは殆ど無いという事です。ですので、確かにランプを点滅させることで録画をしている様な雰囲気を出す事は出来ますが、熟練した泥棒によってはダミーカメラだという事がばれてしまうかのうせいがありますので、気を付けましょう。